アストルティア生活絶賛満喫中!左頬に十字傷の金髪黒装束…はい、私まさてぃーです。

【ドラクエ10】マイタウン施設美容院券の使い方と入手方法解説!実際使ってみたよ♪【DQ10】

まさてぃーです。
マイタウンの施設をカスタマイズできるようになってしばらくが経ちました。この施設の人々を新規登録したり、役割や見た目を変更できる機能が実装されたのはVer5.3からで、これによって更に自由度の高いマイタウンを構築できるようになりました。

 

そこで今回は、施設の人々の見た目を変更することができる「マイタウン施設美容院券」の入手方法の解説と、実際私も使ってみましたので、その模様をレポートしていきたいと思います (๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

スポンサーリンク

マイタウンの施設の人々

マイタウンには、郵便局員や酒場の紹介人、取引商や家具屋、神父や転職できる神官などなどを、屋外になら大体どこでも配置することができる便利機能です。

 

マイタウン実装時はデフォルトの人たちのみでやりくりしていたのですが、Ver5.3にて、施設の人の新規追加や、見た目のカスタマイズが可能になり、更に自由度が高くなりました。

 

私も申し訳ないですけれどデフォルトの施設の方々は皆解任させていただき、全て新規登録をし直しました。また、新規登録時点では100%好みのキャラクターをクリエイトすることができません。そこで登場するのが「マイタウン施設美容院券」です。

マイタウン施設美容院券入手方法

めちゃんこ自由度が上がったマイタウン施設。なのですが、「マイタウン施設美容院券」の入手方法は容易ではありません。

 

「マイタウン施設美容院券」の現物取引が不可ですので、いくらあなたが「ゴールドならいくらでも持っている!」というセレブな冒険者だとしても、いきなりゴールドで解決することができません。

では、単刀直入に入手方法からまとめていきましょう。「マイタウン施設美容院券」の主な入手方法は、

◆マイタウン施設美容院券
・メギストリス「交換屋ププルン」で「おおきなおたからの花びら」10個と交換

◆おおきなおたからの花びら
・メギストリス「交換屋ププルン」で「おたからの花びら」30個で1個と交換
・超おたから花ダイヤから稀に入手

◆おたからのはなびら
・超おたから花サファイヤ、ルビー、ダイヤから稀に入手

◆超おたから花サファイヤ、ルビー、ダイヤ
・超おたからのタネから栽培⇒バザーで購入など
・バザーで購入

 

というフローになります。

もしあなたが「おでかけ超便利ツール」でジェムを利用した「レア度アップ水」を使用することができるのならば、「超おたから花ダイヤ」の収穫数が増えるため、美容院券入手までに要する時間は短縮されるでしょう。

 

しかし、無課金を貫く冒険者さんにとっては、相当な根気が必要になってくるかもしれません。もし美容券が欲しいという方は、今からでも少しずつ「超おたからのタネ」の栽培をしておくと良いですね。

 

また、セレブな冒険者さんなら、「超おたから花」ならバザー購入できるので、栽培の手間を省いてここからスタートすることは可能ですよ!

超おたからのタネ

ちなみに「超おたからのタネ」は、他のタネに比べて値段が高いですが、逆にリターンも大きいです。

あくまで時価の話ですが、現在「超おたから花ダイヤ」は1個約11,000G前後ぐらいです。「超おたから花ダイヤ」は、釜で武器と盾の染色が出来るため、10個単位でバザーに出すと需要は高いでしょう。

 

「超おたから花ルビー」でもバザー価格はだいたい5,000G前後ではないかと思います。ルビーでも「おたからの花びら」がでますので、使っても売っても良いですね♪

 

ちなみに「超おたからのタネ」のバザー検索手順は、

購入メニューから、素材>植物系 と検索していくと7ページ目ぐらいにあると思いますよ♪

 

いずれにしても「マイタウン施設美容院券」入手は、すべてはここから始まるのです。

スポンサーリンク

マイタウン美容院券必要?

必要か否かというのは、それぞれ個人差があると思います(;^ω^) というのも、施設の新規登録時点で、特段こだわりが無ければあなたのイメージに近い人物を決定すればいいだけの話ですからね。プロセスとしては、

さくせんメニューコマンドを開くと、「マイタウン設定」のコマンドが出てきます。そこから、「施設の人々の管理」>「(あたらしい施設)」と遷移していくと新規登録メニューに入ります。

 

ここで任意の施設と、性別、種族を選択し、登録に進みます。すると……

名前と顔がランダムに生成されて、このリストの中から選んでいきます。お好みの人がいたら決定しますと、

詳細設定に移り、改めて最終的な人物像を作っていきます。口調は施設の役割によって選択肢が変わってきますが、住宅商のエルフ男で進めて行った場合はこんな感じで、

リストされています。これはけっこう選択肢がある方です。コンシェルジュや神父系は選択肢が少なかった気がしますね。

 

つまり何が言いたいかというと、新規登録時に、名前も種族も口調だって、ここまで設定できるのなら「マイタウン施設美容券」いらなくね? という事になりませんか?

 

たしかにこれで十分という方なら特に不要だと思います。しかし、めちゃめちゃ細かく人物像をカスタムしたい!という熱い御仁からすると、新規作成時のリストでは、なかなか好みのイメージの人が見つからないのですw

 

そこで登場するのが「マイタウン施設美容院券」なのですね~。要するに、コアな人向けってことw

スポンサーリンク

使い方解説~実際使ってみた~

私のマイタウンには、チーム集会所となっている「獅子王機関」という1番地に全施設を立たせ、2番地の本宅には撮影スタジオがあるため、いつでも転職や種族変更が出来るように神官とシスターを配置しています。

 

前述の通り、施設新規作成時点で、自分のイメージに合う人物を雇い入れているのですが、

一番イメージと合いまくっているのが「取引商 やぜ」くんなのですが、その他は「ちょっと違う…」という人がほとんどw という事で、この中から一番イメージが乖離している「紹介人 ゆかり」さんをカスタマイズしていこうと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

 

まずは「マイタウン施設美容券」を持ちます。持った状態で、さくせんコマンドマイタウン設定メニューから「施設の人々の管理」を選択すると、このように……

「見た目を変える」というコマンドが出てきます。ここから「ゆかり」さんを作っていきましょう!

このように、町にある「美容院」で私たちがカスタマイズできるのと同じ要領でカスタムしていくことが可能です。上の画像の左下をご覧いただければ判る通り、最終的にFIXとする場合「マイタウン施設美容院券」が使用されます。

 

今回、新規で作った「ゆかり」さんは全ての項目をチェンジしました。判りにくいかと思いますが、

このように変更することができましたw また、美容院券を使わずとも、名前、施設の役割、口調だけはタダでいつでも変更することができますよ♪

 

では後述にまとめていきます♪

最後に

という事で今回は「マイタウン施設美容院券の使い方と入手方法解説!実際使ってみたよ♪」というタイトルでお届けしてまいりました。

 

まとめますと、

①マイタウンの施設は新しい人を作れる
・さよならすることもできる(デフォの人とかも)
②名前と施設役割、口調はいつでも変更可能
姿や種族を変更するには「マイタウン施設美容院券」が必要
③「マイタウン施設美容院券」の入手は、
・メギストリスの「交換員ププルン」から「大きなおたからのはなびら」10個で交換
・「大きなおたからのはなびら」は「ププルン」から「おたからの花びら」30個で1個交換or「超おたから花ダイヤ」で稀に入手
・「おたからの花びら」は「超おたから花ダイヤ、ルビー、サファイヤ」使用で稀に入手
⇒入手しやすさ サファイヤ<ルビー<ダイヤ
④各「超おたからの花」は「超おたからのタネ」を栽培して入手orバザー購入
⑤「マイタウン施設美容院券」の使い方を実践レポートしました

 

と言ったところでしょうか。これ、あくまでも自己満足以外何ものでもない話ですので、ご興味がある方はぜひ参考にしていただければと思います(;^ω^) 

 

また、今後マイタウンに引っ越し予定だという方も、こうしたカスタムのお楽しみ要素がたくさんありますから、ぜひワクワクしていただけたら良いんじゃないかなと思います♪
どらてんどらてん(*´▽`*)

 

◆[ドラクエ10ブログランキング]参加中!
↓一日一ポチ♪↓

人気ブログランキング

【おすすめ記事】
★ジェムを無料でゲットしてマイタウンメダル増産裏ワザ法を試した結果…教えちゃいますw
★ハウジング内装&外装素材めんどくさい…そんなときは!
★マイタウンの場所はどこ?移動や機能などレポートしていく
★マイタウンメダルor権利証封書の為1200連ふくびき結果www

本日も最後までお読み頂き有り難う御座いますm(__)m SNSのシェアをぜひ!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>著作権者及び再利用の禁止事項

著作権者及び再利用の禁止事項

当サイト「まさとるてぃあ」では、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像・動画を利用しております。当該画像・動画の転載・配布は禁止致します。
©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. ©SUGIYAMA KOBO ℗SUGIYAMA KOBO

CTR IMG