アストルティア生活絶賛満喫中!左頬に十字傷の金髪黒装束…はい、私まさてぃーです。

【ドラクエ10】魔犬レオパルドレンジャー攻略!装備耐性サポ編成やバトルの流れを解説【DQ10】

まさてぃーです。
ドラクエ10の記念すべき8周年のキャンペーンの一環として、コインボス「魔犬レオパルド」が実装されましたね。執筆時点で、リリースから一か月ほどが経過しており、その攻略方法が明らかになってきました。

 

また、「魔犬レオパルド」の攻略編成は様々となっていますね。私も初見出撃にあたり、どの構成が良いのか非常に悩みました。

 

そこで今回は、私の初見……と言いましても、既に情報が出揃って来ているので胸を張るほどではありませんが、その時に出撃したパーティー編成、メンバーの選定目安、準備したものやバトルの流れなどを、僭越ながら解説していきたいと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

スポンサーリンク

魔犬レオパルド

ドラクエ10の8周年だからなのか、ドラクエ8のボスモンスター「魔犬レオパルド」が2020年の7月16日にリリースされました。事前情報にあった超DQXTVの実践プレイでは、いろいろ明かされたことがあり、氷ブレスやジバルンバサンバなどの攻撃手段が判明しましたね。

 

しかし、その時の超DQXTV放送中に、2度実演プレイされましたが、黄色ゲージに行くことなく全滅させられており、手強さを知らしめられたボスです。 

 

という事で、まずは「魔犬レオパルド」に必要な耐性を見ていきましょう。

出撃編成

結論から先に申し上げますね! 私が出撃した構成は、

バト/旅/賢/レン(自分)

 

です。事前に集めた情報を参考に構成を考えましたが、結果この形で出撃しました。以下に詳しく解説していきます♪

魔犬レオパルドに必要な耐性

「魔犬レオパルド」に挑むために必要な耐性は以下となります。

・毒★★⇒もうどくのきり
・おびえ★★⇒氷結の息
・ブレス★★⇒氷結の息/かがやくいき
・呪文ダメージ★⇒ドルマドン/ドルモーア
・氷属性★⇒氷結の息/かがやくいき
・闇属性★⇒ドルマドン/ドルモーア
・混乱⇒暗黒のおたけび
・呪い⇒暗黒のおたけび

まずはここを重視したいです。ご自身の手持ち装備で、まずはどれだけ組めるかを考えていきましょう。

装備耐性~レンジャー最高~

という事で、自分で準備できたものについて紹介させていただきます。……が、先に言い訳を言わしてくださいw 

 

少しでも有利に立ち回りたいと思ったので、事前にゼルメアで「どく」と「おびえ」の入った「ヴィーラのバンダナ」を発掘しに、5周ほど回ったのですが、全く出ず(;^ω^)

 

従って、私はレンジャーで、この装備耐性で準備しました。

本当は「どく」を100%にするべきです(;^ω^) できるなら「おびえ」も。

 

そしてポイントは「氷闇の月飾り」、あとは、「ブレスガーダー」です。

また、レンジャーで出撃しますので、購入した「ヴィーラセット」でそのまま行きます。仕方がないですが(;^ω^)

本当は「竜のうろこ」があると完璧なのですが、持ってはいるものの、まだ+1にもなっていないので、ひとまず”金ロザ”で我慢しときました。

 

この程度でも、サポートさんのお力添えと、立ち回りでカバーしていけば大丈夫です! 結論言うと、途中私自身の問題行動がありながらも(w)、安定して勝てましたので大丈夫です! 

スポンサーリンク

サポート選定基準

まずはパーティーの編成についてお話しましょう。実装1か月ですが、それでも早くも様々な編成で勝利報告が上がっていますよね! さすがです! 今回の記事ではソロサポートの出撃例ですので、サポートの選定についてなのですが、

 

情報を集めていくと、自分天地や自分賢者……または占い師、バトなどなど……いろいろな編成案が散見されます。よく言えばいろいろな編成で攻略できる、悪く言えば初見の場合何が正なのかが判らないという問題があります。

そこで、私がまず思い描いた編成として、自分はレンジャーで確定です。なので、

バトor武/踊りor旅/デス/レン(自分)

 

でどうか?と思いました。まず、バトor武がメインアタッカーとして、範囲回復は、「踊りor旅/デス+よろいのきし」でできるし、蘇生要員はこれにプラス自分がいるので、何とかなるだろう……。

 

という事を鑑み、サポートの選定基準としては以下、

おびえ、どくを100%盛りされている且つ、「死神のピアス」「竜のうろこ」「氷闇の月飾り」が装備されている方(妥協点で、竜のうろこは金ロザでも可)。

という検索を行いましたが……、いかんせん旬な時期から1か月も経ってしまっているので、サポ探しに困難しました。

 

今の時期だと、ガッチリと魔犬仕様の方か、全くそうでない方の2極化していますね。少なくても今回は、踊り、デスで見つける事ができませんでした(ノД`)・゜・。

 

また、検索条件をこれ以上絞り込むと、そもそも検索に引っ掛かりません。ですが、運よくバトマスさんは、まさに魔犬仕様という方がすぐに見つかりました。

 

しかし他がさて困ったぞという事で、いろいろ集めた情報の中から、自分がレンジャーの場合に組み立てられそうな職業を検索してみて、行きついたのが上項でお伝えした、

バト/旅/賢/レン(自分)

 

という編成になりました。正直言って、最初に思い描いた編成と、その立ち回り感がかけ離れていたため、組んだ時は少し不安があったのですが、結果……

 

爆当たり!!

 

でしたwww 今思うと、めちゃくちゃ安定していたなと思います。 もしご自身でレンジャー出撃が可能ならば、一度試してみてください♪

 

……とはいえ、私があなたの勝利を保証する事はできませんので、自己責任の元でプレイをお願いします。ご不安であれば、「身代わりコイン」を一緒に捧げてくださいm(_ _)m

 

では、バトルの流れを解説していきます (๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

スポンサーリンク

バトルの流れ

では改めて、上項で説明した通りの編成、装備耐性を準備して魔法の迷宮へ! 最初に流れを言いますと。

開幕⇒下がる…「高く飛び上がる」の竜巻に巻き込まれないように

「こんとんのかげ」「じゃあくなかげ」召喚⇒倒しきるか2分経過で消滅

魔犬降下し、交戦⇒ここでHPを削るチャンス

高く飛び上がる

取り巻き召喚……のルーティン

となります。つまり、魔犬撃破のチャンスは、降下したときを狙っていきます。自分の立ち回りとしては、

開幕⇒下がる「紅蓮蝶のきり」

「まもりのきり」+「フバーハ」

敵の「ジバルンバサンバ」の設置された陣は必ず避ける

死亡者のケア

暇があれば
・取り巻きがいるとき⇒「デュアルカッター」「デュアルブレイカー」
・魔犬降下時⇒「レボルスライサー」またはツメの持ち替えなどで攻撃もOK

のような流れが、主な自身の役割、立ち回りになります。では見ていきましょう。開幕です。

開幕はすぐに「紅蓮蝶のきり」で範囲バイキ+まもりのきり効果を付与したいところなのですが、魔犬は必ず「高く飛び上がる」を実行し、竜巻を纏います。

 

開幕の位置からだと竜巻に触れてしまい、ダメージとふっとびがあるので、開幕時はすぐに下がりましょう

 

でないとこうなりますw

とりあえず初見ですし、お酒飲んでたんで……しかも「紅蓮蝶のきり」は(自分の犠牲により)撒き終われましたので許してくださいw

 

さて、すぐに「こんとんのかげ」「じゃあくなかげ」たち取り巻きが召喚されます。彼らの攻撃も注意しなければいけませんが、だからと言って「魔犬レオパルド」は黙ってみててくれるほど甘くはありません。

 

絶対に気を付けたい事、それは「ジバルンバサンバ」が設置されたら、すぐに陣内から退避する事

ですが、設置されてから発動までに、間が結構あります。特技を入力し、キャンセルが出来ない状況でも、間に合うかもしれません。諦めず、落ち着いて逃げましょう。逆にこれに当たると致命的です。

 

あと、私のこの画像の逃げ方は良くない逃げ方です。理由は、

「翼刃の豪雨」です。これはランダム6回攻撃なので、できるだけ味方同士集まって、被弾を分散したいところ。逆に散り散りになってしまうと、1人で6回攻撃受けて即死です。

 

この画像では、私にターゲッティングされなかったので良かったのですが(;^ω^) その分向こうのサポ3人に1人分のとばっちりが……すまんぬm(_ _)m

 

さて、自分もしっかり仕事しなくてはいけません。取り巻き達がブレスを散々してくるので、適宜「まもりのきり」を展開していきます。そうすることで、

ブレスが全く恐くありません。しかし、連続で他の奴に撃たれるとまずいので、過信はせず、「フバーハ」の保険もかけていきます

 

そして、戦っている間にふと大変な事に気付きました。なかなか取り巻きが減らない……おかしいぞと思って「さくせん」コマンドを開いてみると……

あ……。

 

そういえば、ここに来る前に、編成したパーティー感覚に慣れるためにゼルメア行って、日替わり討伐やってきて、その日替わり討伐で、まもの使いの「エモノ呼び」中に敵を倒されると困るから、「おれにまかせろ」にしててそのままだった……。

 

なんて馬鹿なことを!! 初見のコインボスやぞ!!

 

と、頭を抱えたくなりましたが、ひとまず作戦を戻しましょう。

バトはガンガンにしたいのですが、余裕がなかったので、ひとまずこれで。とんでもない大失敗でしたが、幸いにも、そのせいで全滅の危機に瀕することはなく、また、気付くのが不幸中の幸いにも早い段階だったので、ここから立て直していきましょう(;^ω^)

 

ということで魔犬くんが降下してきました。取り巻きは消えていきます、またあとで。

気を取り直して、バトル続行です。「魔犬レオパルド」が降下しているときが削り時ですので、総力でアタックしていきましょう!

 

もちろん、敵さんも強力な攻撃をしてきますが、そこは大体旅芸人さんがハッスルダンスで回復してくれます。ほどなくして、また「高く飛び上がる」を実行し、取り巻き召喚。

もうね、このルーティンです。回復蘇生はほとんど旅芸人と賢者が担当してくれます。レンジャーである自分も「ザオラル」を持っていますが、使う事はありませんでした。 ただ、あることはあるので、状況によって適宜蘇生に回ることもしていきましょう。

 

とはいえ、自分の役目はブレス対策というのが主な役目だと思います。また、取り巻きたちに「マヌーサ」が入った事を確認しました。ので、暇があれば、「デュアルブレイカー」後に「マヌーサ」や「あんこくのきり」を掛けていくのもいいかもしれませんね。ただし、あくまで余裕があればです。

 

そうしているうちに、魔犬くん、黄色になりました!

収集した情報によれば、「魔犬レオパルド」は色の変化……つまり、HP経過での行動変化や追加はないとのことですね。私も戦っていて、特に違った行動は見受けられませんでしたので、間違いないでしょう。

 

また、「高く飛び上がる」中は竜巻に守られていますが、こちら側の飛び道具であれば攻撃が入ります。近接攻撃は無理でも遠距離攻撃で削る事も可能ですよ。

 

余談ですが、降下条件は①取り巻き全撃破②2分経過、となっていますが、情報によれば、③「高く飛び上がる」中に一定ダメージ付与により降下させることもできるようです。

オレンジ色になりました! もう虫の息じゃないか魔犬くん! このまま初見撃破なるか……。

 

紆余曲折ありました。私の「さくせん」設定ミスにより、序盤は無駄な時間を浪費してしまいました。しかし……

撃破成功! お疲れ様でした。 タイムは6分45秒でした。序盤の「さくせん」ミスが無ければ絶対もう少し縮められたはずです。 また、慣れればその分もタイムを縮められるかなと思いました。

 

凡ミスあれど、全滅の危機に瀕する事態は1回もなく、また、映像で見せられなくて恐縮なのですが、自分に至ってはノーデスでしたので、とても安定していたと思います。

 

ちなみに、期待の報酬は……

破片1個か~~~(;^ω^) まぁ、こんなもんでしょう。とにかく初見で勝利できたことが大きいですので、非常に満足です(*´▽`*)

 

では、後述にてまとめていきます♪

★レンジャーで行くw帝国三将軍サポ旅3編成攻略!安定する?
★ドラゴン討伐で炎耐性100にできない方!レンジャーで行くサポ編成攻略
★ツメレンジャー最高超強い!というか何でも屋へとランクアップ!絶対注目職です

スポンサーリンク

最後に

という事で今回は「魔犬レオパルドレンジャー攻略!装備耐性サポ編成やバトルの流れを解説」というタイトルでお届けしてまいりました。

 

まとめますと、

①魔犬レオパルドサポ編成は様々
②私としてはレンジャーが好感触
③バト/旅/賢/レン(自分)で安定した
④サポート選定は
・「どく」「おびえ」100%
・「死神のピアス」「竜のうろこ」「氷闇の月飾り」
の有無で検索することをおすすめ!
⑤検索条件を絞り過ぎても検索に引っ掛かりません
⑥バトルはルーティンなので、自分の仕事を粛々と遂行していく

 

といった感じでしょうか。重ねますが、今回の私の記事が勝利を約束するものではありません。あくまで1例として参考にしていただけたら幸いです。また、敗北してしまった際の責任は取れませんのでご留意くださいねm(_ _)m

 

その上で、レンジャーはブレスの対策に動け且つ、蘇生手段もあり、敵の弱体化(ブーメランのレボルスライサーやツメのサマーソルトクロ―のダメージアップ)を図れますので、非常に立ち回っていて面白いと感じました!

 

最後に一つ! エンカウント前に「さくせん」はしっかり見直しておきましょうw それではあなたのご武運を祈ります!
どらてんどらてん(*´▽`*)

 

◆[ドラクエ10ブログランキング]参加中!
↓一日一ポチ♪↓

人気ブログランキング

【おすすめ記事】
★ジェムを無料でゲットしてマイタウンメダル増産裏ワザ法を試した結果…教えちゃいますw

本日も最後までお読み頂き有り難う御座いますm(__)m SNSのシェアをぜひ!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>著作権者及び再利用の禁止事項

著作権者及び再利用の禁止事項

当サイト「まさとるてぃあ」では、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像・動画を利用しております。当該画像・動画の転載・配布は禁止致します。
©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. ©SUGIYAMA KOBO ℗SUGIYAMA KOBO

CTR IMG