アストルティア生活絶賛満喫中!左頬に十字傷の金髪黒装束…第八代アストルティア・プリンス…はい、私黒の剣士まさてぃーです。

【ドラクエ10】配信モードのやり方!ガイドラインやルールを確認して配信を楽しもう【DQ10】【動画あり】

まさてぃーです。
Ver.5.5後期、いろいろな追加要素があってストーリーはもちろんの事、本当に楽しいですよね! あなたはどのコンテンツがお気に入りでしょうか?

 

さて、そのVer5.5後期では、新たに配信に関するガイドラインの改訂がなされました。つきましては、配信ルールがこれまでよりも更に細分化され、配信者側が心得ておくこと、しておかなければならないことが増えましたね。

 

そこで今回は、Ver5.5後期より制定されたガイドライン、それに伴う「配信モード」について簡単に解説していきます。自分自身の今後にも言える事なので、しっかり要点を把握して楽しくドラクエ10で遊びたいですよね! ぜひ最後までお付き合いください(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

スポンサーリンク

配信ルールを確認しよう

まず前提として、「ドラゴンクエストX」などのゲームを利用して動画などを作成するという事は、ゲーム会社、すなわちドラクエ10で言うところの「株式会社スクウェア・エニックス」さんの著作物を利用させていただくというのが根幹にあるというところを忘れてはなりません。

 

もしあなたが著作権を有する作品を投稿するならば、それはあなたの自由……と言いたいところですが、動画を投稿するプラットフォームはなんなのか? YouTubeであればGoogleの、ニコニコであればドワンゴのプラットフォームを利用しているわけなので、当然配信プラットフォームでもガイドラインを遵守しなければなりません。

 

ここではドラクエ10の話ですので、ドラクエ10、スクエニさんが定めるガイドラインをキチンと目を通しましょう!

★ドラゴンクエストX 目覚めし冒険者の広場 Ver5.5後期特設ページ
★ドラゴンクエストX 目覚めし冒険者の広場 配信ガイドライン改訂のご案内
★ドラゴンクエストX サポートセンター ルール&ポリシー
★ドラクエパラダイス 配信ガイドライン

これら全てを了承した上で配信することが許されるのです。 もし注意されたりBANされたくないのであれば、しっかり理解するまで目を通しておく必要があります。

 

最近はよくこういった「規約」というものがたくさんあって、何かに契約したり利用する際は無駄に長い長文を見せられ、了承したらサイン(チェック)してくださいというのが良くありますよね。

 

あれ、本当にしっかり目を通さないと場合によっては大変な事になりますから、面倒でも絶対に頭に入れておくことをおすすめいたします(;^ω^)

 

「規約にこう書いてありますよね? 違反したのでBAN(または損害賠償)です、問答無用」って言われたら何も言い返せませんからね(;^ω^)  「え!?知らなかった」では済まされません。

ドラクエX配信において

ドラクエ10の配信においては、いくつか決まりごとが設けられました。

 

①配信専用サーバー(21,22)以外での配信は禁止
②配信モードをオンにした状態で配信(撮影)する

 

これが今年になって制定された大まかな改訂項目ですね。 その他、エンディングなどのムービーシーンの解禁(Verにより条件アリ)や、これまで通り著作権表記、ネタバレ内容を含む際は【ネタバレ】などの表記のお願いなどなどがあります。詳しくは前項の各ガイドラインページをご確認ください。

 

私は「穴をすり抜けてうまい汁を吸いたい」など毛頭考えていないし、ご用意してくださっているプラットフォームで定められた範囲内でブログや、今後は動画配信なども行っていきたいです。その方がコソコソしたりビクビクすることなく堂々と楽しめますからね!

スポンサーリンク

配信モードのやり方

前述でも書きました、今回Ver5.5後期以降で実装制定された「配信モード」の義務について書いていきます。 配信するための動画を撮影するのなら必ず「配信モード」をオンにした状態でなくてはなりません。

 

また、「配信モード」中に配信専用サーバー以外の場所に移動すると警告が表示され(ると思う)、それでも移動した際は「配信モード」が自動的に外れるようになっているみたいですね。 その際は撮影を速やかにストップしなければなりませんが、その前に撮影中に住宅村以外の他のサーバーに移動することはやめた方がいいですね。 移動する前に撮影ストップしておきましょう。

 

「撮影モード」は、さくせんコマンドを開き、

さくせん>いろいろ設定>コミュニケーションの設定>いまどんな?設定>

と、このように遷移していくとモード設定のオンオフができます。 「配信中」にチェックを入れるとオンになり、画面左上に13桁のIDが表示されます。

 

このIDが見える状態で配信を行う必要があります。 しかし例えば上画像のように、コマンドメニューが開いている状態だとIDの下部分が少し隠れて見えにくいのですが、これは公式で現状許容とされているとの情報を掴みました。

 

しかし、意図して隠すような行為をした場合はアウトです。 ルールはしっかり守って、変な行為、誤解されるような行為はしないようにしましょう♪

 

また、「配信モード」中は顔アイコンにカメラマーク(配信中アイコン)が表示されていて、

例えば「コミュニケーションウィンドウ」のフレンドタブを確認すると、配信中の冒険者には同様のアイコンが表示されることを確認しました。

 

また、普通にアバターに表示されるので、「この冒険者は配信中なんだな」と視認できるようにもなっています。

 

また上画像で「設定変更」ボタンがあります。このボタンを押下すると、

このように詳細を設定できますね。

 

さっそくなんですが、簡単に動画にしてみましたので、よろしければご確認くださいw

こちら、まだ私もドラクエ10配信用の動画編集環境が整っていないので、ムリヤリ白チャ打ちの一発撮りですw クオリティもくそもないのでこちらも限定公開にしています、ご容赦ください(;^ω^)

 

近日にはちょっと環境作ってみたいかなぁと考えています……特にどのように配信するかは何も考えてないのですがw

 

上の動画中、ドレアの染色代に500万かけた噂の猛者、フレンドのとまねぇさんに協力ししていただき(笑)、「まわりの冒険者」の距離感を確認してみました。

 

動画はレベル4までの距離しかお見せできていないのですが、レベル5になるとけっこう遠く離れても消えない感じでしたねっていうか、「表示する」状態とあまり変わらない感じでした。

 

その他、サーバーや住宅村住所、いいねやチャット、申請通知のオンオフができますので、これらを上手い具合に使っていきましょう(∩´∀`)∩

 

というところで今回のまとめに入りたいと思います♪

★レプリカ加工ロボのデメリットや使い方買う場所レポ!ハウジングするなら家具庭具両方絶対買っとけw
★禁術!修練の心得&料理&元気玉レベル上げ!ダークトロルでそれぞれの獲得経験値を確認計算した結果…
★ソロなあなたに天地雷鳴士!特技の属性、スキル振りを考えてガンガンボスコンテンツに挑戦しよう

スポンサーリンク

最後に

という事で今回は「配信モードのやり方!ガイドラインやルールを確認して配信を楽しもう」というタイトルでお届けしてまいりました。

 

まとめますと、

①配信ルールが改訂されました
②配信目的の撮影をする際は配信モード設定が必須
③↑その上で21,22のサーバーでのみ撮影が許可されている
④配信モード設定をうまく使おう
⑤ルールを守って楽しく配信しましょう

 

というところでしょうか。「一切配信をしないよー」という方からしてみたら、あまり関係のないことではありますが、配信者が配信中または撮影中であるかどうかというのがわかりますから、知っておいて損はないですよ。

 

配信者からしてみたら、これまで以上にルールが定められてしまったので慣れと把握をする必要がありますが、他者のプラットフォームを利用する以上は仕方ありません(;^ω^)

 

かく言う私は、ひょんなきっかけでYouTubeチャンネルを立ち上げたので、今後どのように使っていくかなど全くわかりませんが、ガツガツするつもりはないので、これもまたゆる~く楽しんで何かを発信出来たらいいかなと思っています。

 

このあとキャプチャーボードをポチりにAmazon物色しますw そしてまさてぃーのYouTubeチャンネルはこちら↓

★まさてぃー@まさとるてぃあ

まだ、何も装飾関係も公開動画も無い状態ですが、ぜひチャンネル登録して応援してください(∩´∀`)∩
どらてんどらてん(*´▽`*)

 

◆[ドラクエ10ブログランキング]参加中!
↓一日一ポチ♪↓

人気ブログランキング

【おすすめ記事】
★ジェムを無料でゲットしてマイタウンメダル増産裏ワザ法を試した結果…教えちゃいますw

本日も最後までお読み頂き有り難う御座いますm(__)m SNSのシェアをぜひ!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>著作権者及び再利用の禁止事項

著作権者及び再利用の禁止事項

当サイト「まさとるてぃあ」では、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像・動画を利用しております。当該画像・動画の転載・配布は禁止致します。
©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. ©SUGIYAMA KOBO ℗SUGIYAMA KOBO

CTR IMG