アストルティア生活絶賛満喫中!左頬に十字傷の金髪黒装束…第八代アストルティア・プリンス…はい、私黒の剣士まさてぃーです。

【ドラクエ10】遂に幻の施設がプレオープン?エイプリルフールに一体何が起きていたのか?2021年版【DQ10】【ウォータースライダーク】

まさてぃーです。
私も今回改めて再認識したのですが、アストルティアでは毎年4月1日、つまりエイプリルフール限定で催し物があるのです。アストルティアは毎日6時リセットなのですが、エイプリルフールはその名の通り23:59までとなっており、調べると内容は毎年異なったものとのことですね。

 

昨年その日は確か忙しくてログインするだけで精いっぱいだった気がします。記事も更新してないし、付近の記事でも話題に出していなかったので。一昨年はアストルティア入国元年で、その頃はひたすらストーリーを追いかけていましたので、存在自体気が付いていなかったはずです。

 

今年はアストルティアの勝手もだいぶ理解できており、事前に何かが起こるという事で準備していましたので、初めてのエイプリルフール参加をしてきました。今年2021年のエイプリルフールは一体何が起こっていたのか……備忘録として書き記していきたいと思います。ぜひ最後までお付き合いください(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

スポンサーリンク

エイプリルフール2021

3月オンエアの超DQXTVの最後の方だったかと思います。安西ディレクターから「今年もエイプリルフールがあるよ」と仰っていました。特に今年は3/31にVer5.5前期がリリース日となっており、翌日がエイプリルフールでしたので、冒険者の皆へ忘れないようにと念押しの周知をしてくださったのです。

 

当然、何が用意されているかまでは言及されませんでしたが、確かにアップデート後はやることがたくさんありますから忘れてしまいますよね(;^ω^) 

 

また、Twitterでもお知らせしてくれていまして、とても助かりました。 その日私は仕事で帰宅が遅く、ログインが夜になってしまったので、ほぼほぼ駆け込みの参加になってしまいましたが、もし事前告知やTwitterでの周知がなかったらきっと忘れていたでしょう(;^ω^)

エイプリルフールの内容

内容は大きく分けて3つほどでしたか。

 

まず一つは「冒険者のおでかけ超便利ツール」のタイトルが、「冒険者のおでかけ超まったり便利ツール」になっていた事。

私、これ最初Ver5.5前期のアップデートに伴った便利ツールのバージョンアップで、アプリの名前が変わったのかと思ってしまいましたが、冷静に考えるとそんなことは有りえないですよねw エイプリルフールのイタズラだと理解しました。

 

次、二つ目も超便利ツール内、キャラログイン後のホーム画面のヘッダー画像強制差し替え。

こちらも上述同様、最初はバージョンアップでヘッダーがデフォルトに戻された、そのデフォ画像かとばかり思ってしまいましたが、冷静に考えるとそんなことはないですよね(;^ω^)

 

画像は3パターンほどあったのかな? やってくれるぜ、運営さんw

 

そして3つ目、これがメインコンテンツなのでしょう。「ワルド水源」の例の場所。 

 

「ワルド水源」のマップが実装され、施設NPCが配置されて「オープン準備中」と言われ続け今日まで、何の音沙汰もなかった「ウォータースライダー(仮)」。

 

初めて気が付いたのは、やはり安西先生のツイートでした。

帰宅中に確認して、「な、なにぃぃぃぃ!!」と思って、早くログインしたいと気持ちが昂りましたね。3つ目は「ウォータースライダー」です。

 

前述の通り帰宅が夜遅かったので、駆け込みの参加でしたが簡単にレポートしていきます♪

スポンサーリンク

ウォータースライダーク

ログインして、該当の場所「ワルド水源の水が流れているところ」に行ってみました。 いつもならなんにもない殺風景の場所にNPCが立っているだけでしたが、いざ行ってみると……

なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁ!!

 

ただただ、「すごい、細かい」と笑ってしまいました。 

この祝いの花輪にアストルティア文字が書かれていますが、どこからの贈呈なんでしょうねw それはともかく、いつもの係員のところに行ってみると……

 

おぉ!! まじか、やるやる!! という事で話を聞く通りに浮き輪の方に行き調べると、な、なんと!!

 

ファっっっ!? パーティー同盟とな!? 私は普段ソロ遊びをしていて、当然この時は現地にも一人で来ていますし、ゆるい季節イベント系のオートマッチングならいいけれど、いきなりパーティー同盟言われても心の準備が……。

 

とは言え、閉鎖時間も差し迫っておりましたので、えぇい、ままよ! と飛び込んでいきました。  ただただゆるいコンテンツであるようにと願いながらw

 

すると……

 

おぉぉぉい! ガチっぽいバトルコンテンツじゃねぇか!! しかしここまで来たら仕方ない、事前情報など見てないし完全に初見ですが、一通り耐性は汎用タイプで装備していますし、「(自称)アストルティアの黒の剣士」としてこれまで研鑽を積んできたバトル感でやり切るしかない! 

 

初見ですが、パーティーの皆に迷惑をかけないようにバトルの基本を忘れずに立ち回る、その一心で迎え撃つことに。 開幕は一番に私にタゲってきまして、いきなり技を出してきました。

とにかく本当に初見で事前知識も何もないので、ワンチャン自分は死んでも、周りを巻き込まないように位置取りしていきました。すると……えっ……

ななななんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁ!? なるほど、枠外に弾き出されると10秒間行動不能の死亡状態になるという事ですね! 10秒後には再びバトル画面に戻ります。「トラシュカ」みたいですね!

 

という事でやることは理解出来ました。とにかく弾き飛ばされないようにすることが重要な立ち回り方というわけです。

足元にはトラップエフェクトが視認できるような技も多くありますから、常に敵の行動に気を付けていきます。 とは言え、自分も仲間たちもボチャボチャと弾き飛ばされまくってたんですけどねw

オーバーダメージの死亡の場合も一旦場外に飛ばされてしまいます。

 

そうならないように注意深く立ち回っていきました。落ちまくりましたがw

最初はなかなか「ウォータースライダーク」の名前の色が変わらなかったので、本当に倒せるのだろうかと不安になりましたが、何とかオレンジ色まで持ってこれました! ちなみに全員場外になると全滅なのでしょう。 ひたすらそうならないように願うばかり。 時間も24時迫ってたのでこれで決めたい(>_<) 

 

そして遂に!

トドメは私ではありませんでしたが「ウォータースライダーク」が膝から崩れ行く様をこの目で見る事ができました! やった~(∩´∀`)∩

 

バトルが終わると「ウォータースライダーク」が立っていました。話しかける事も調べてもなにもありませんでした。つまりこれ、記念撮影のオブジェ!

 

誰からともなく撮影モードに♪

 

撮影時間を十分に取った後は、挨拶をして各々のホームグラウンド(サーバー)へ帰っていきます。

 

皆さん、特に濃く絡むことはないけれど、それでも丁寧な対応をされていて、アストルティアはあったかいなぁと思う瞬間でしたね♪

 

ほんと、楽しかったです♪ ご一緒になった冒険者の皆さま、ありがとうございました(*´▽`*)

というところで、今回のまとめに入りたいと思います♪

★まさてぃーアスコン100選にw決意表明するよ
★スライダーク魔剣士・旅芸人サポで1分クッキング!耐性も簡単周回攻略
★帝国三将軍を旅芸人・魔剣士・天地雷鳴士で2分台楽勝ガチ攻略レポート!

スポンサーリンク

最後に

という事で今回は「遂に幻の施設がプレオープン?エイプリルフールに一体何が起きていたのか?2021年版」というタイトルでお届けしてまいりました。

 

まとめますと、

①アストルティアにはエイプリルフールがあるよ
②今年は
・超まったり冒険ツール
・冒険ツールホーム画面ヘッダーが強制差し替え
・ウォータースライダープレオープン

 

と言ったところでしょうか。冒頭でも少し触れていますが、アストルティアのエイプリルフールは毎年催し物が違うようです。去年は魔法の迷宮でアリーナ姫のコス服が貰えたんでしたっけ? なので、来年のエイプリルフールはまた別モノが用意されることでしょう。

 

とは言え、常々言われ続けた「ワルド水源」のウォータースライダー、今回がプレオープンとして、常設じゃなくても良いので何らかの形でオープンしてくれたらいいですね!

 

本当に楽しかったので、また「ウォータースライダーク」と戦いたいです♪
どらてんどらてん(*´▽`*)

 

◆[ドラクエ10ブログランキング]参加中!
↓一日一ポチ♪↓

人気ブログランキング

【おすすめ記事】
★ジェムを無料でゲットしてマイタウンメダル増産裏ワザ法を試した結果…教えちゃいますw

本日も最後までお読み頂き有り難う御座いますm(__)m SNSのシェアをぜひ!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>著作権者及び再利用の禁止事項

著作権者及び再利用の禁止事項

当サイト「まさとるてぃあ」では、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像・動画を利用しております。当該画像・動画の転載・配布は禁止致します。
©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. ©SUGIYAMA KOBO ℗SUGIYAMA KOBO

CTR IMG